英語のライブ授業で大学受験生を支援する「がるたんTV」 | 英語のライブ授業を大学受験・英検の学習に役立てるなら

祝!早朝ライブ講義で難関大突破を実現するオンライン予備校開校!大学受験でKEYとなる『ボキャブラリー増強』にこだわります!学習のゴールデンタイムである早朝を利用します!通学・通勤前に30分集中する学習習慣をつけましょう!チケットを購入すると講義に参加できます。YouTubeチャンネル『つながるたんごeveryday』毎日更新中!

オンライン家庭教師

【プライベートがるたん】大学受験指導のプロのマンツーマン指導で爆発的な伸びを手に入れませんか?↓実際の授業画面。

しdじ.jpg新規メモ1.jpg

90分15,000円(税込)。入会金不要。

がるたんTV講師の星九十九による個人レッスン。長文でも文法でもOKです。授業回数も要望に合わせます。(例:受験まで月4回、短期集中で1ヶ月間に5回だけ、などなど)

まずはzoomでの面談を。お気軽にお問い合わせください。 

 

星九十九のつぶやき(2021/02/10)

2020年から現在までに100回程度zoomを使い大学受験向けの授業を行いました。その経験から感じているのは、zoomによる(上記画像のような)オンライン授業は、一対多数よりもマンツーマンの方が良いということです(もちろん授業内容によるとは思います)。いくつか理由があると思いますが、決定的なのは、多数の受講生の「目線・口元の様子を確認できない」という部分です。話し手は、聴いている人の目線や口元の様子を見て、自分の話がわかってもらえているのか、先に進んでいいのかを判断することが多いですが、zoomの一対多数だとその一連の判断プロセスにかなりの遅れが生じるのです。リアルの教室では、『聴衆の反応』という言葉にすると非常に「曖昧な」ものを「はっきりと」感じることができると思います。人前で話したことがある方なら、この一見矛盾した感覚をお分かりいただけるのではないでしょうか。この反応が、zoomの一対多数では捉えきれないのです。zoomに複数表示された参加者の目線を全て追うのはもちろん不可能ですし、こちらが視聴者を見ることはカメラを見ることになるので参加者と目が合うことはありませんから。もともとよく知っているメンバーばかりでのzoom授業ならばこういった状況でも円滑に講義は進むとは思いますが、初対面の生徒などがいる場合はそうはうまくいかないと思います(クラスの人数が全部で五人くらいならばなんとかなると思いますが)。マンツーマンでも本当の意味で目が合うことはないとの指摘もあるとは思いますが、マンツーマン(あるいは二、三人)ならば、声のやりとりで、目線のやりとりの不足を補うことが十分にできるのです。

「ここ見て?3行目を」

「え?」

「ほら、the hill we climbのところ」

「ああ、はいはい、ここですね」

のような会話で、お互いが歩み寄ることができるというわけです。僕の主宰する【がるたんTV】が多数参加の場合はウェビナーを利用して顔出しを無しにして、顔出しありの場合はzoomのマンツーマン授業(=プライベートがるたん)とする理由がここにあります。(結局宣伝かよ、と思われた方。その通りです!w)

 

オンライン家庭教師だと、現実空間を飛び越えられるので、

・移動コストなし

・遠方の生徒でも受講可能

・生徒の自宅やお部屋に先生がお邪魔する必要なし

・お互いのにおいも気にしなくて良いww

 

など、いくつものメリットがあります。画面は上記のような非常に分かりやすいものを提示できますから、ストレスフリーで学習に集中できます。当然、次から次へと質問されても答える人間は自分だけですから、緊張感・集中力を保ったままの90分となります。

(上記のzoomに関する感想は、答えがあるものを効率よく教えていく授業に関してです)

2021.04.15 Thursday