英語のライブ授業で大学受験生を支援する「がるたんTV」 | 英語のライブ授業を大学受験などの学習に役立てるなら

時代は変わりつつあります。映像を効果的に使った新しい英語教育を発信する【がるたんTV】は、YouTube『つながるたんご』チャンネルとオンラインライブの『がるたん英語ゼミナール(朝陽と夕陽)』で、学習者の皆さんに新しい景色をお見せします!

英単語は大事だよね

【受験生の皆さんへ 『なぜ英単語?なぜ「がるたん」?』】

スマホをイメージしてみて下さい。スマホっていろんな機能があってすごいですよね。でも充電されていなかったら???どうしようもなくて、途方に暮れちゃいますよね。

英語を勉強していて英単語が頭に入っていない状況は、スマホが充電されていない状況に似ています。せっかくいい機能があっても(≒英文法や読解法を知っていても)、充電されていなければ(≒英単語を知らなければ)、困り果てるしかないのです。難関大学入試などでは、設問文や選択肢すら読めないということが多々起こるでしょう。

逆に単語力があれば、自分が習ってきた英文法や読解法がしっかり使える状況が生まれます。すると、英語学習に手応えを感じて楽しくなり、当然のように結果を出し、それが嬉しいものだからまたさらに学び、そしてその分また結果が出る、という好循環が起こります。

大学入試でも英検でも、『5:5』なんです。何が5:5かっていうと、英文法・読解の重要性とボキャブラリーの重要性の比率がだいたい5:5なんです。それなのに、塾や予備校で、英文法・読解の授業ばかり受けて消化不良を起こし、ボキャブラリーを増やす努力をしていない受験生が多いのです。おそらくその方々は『9:1』くらいの比率で学習をしていて、ボキャブラリーにさく時間が少なくなっていると思います。そうなれば当然望んだ結果は得られませんよね。勉強時間はしっかりあるのに伸びない、、、という悲しい結果が訪れる可能性が高くなります。これは大きな戦略ミスです。。。もちろん語彙力がついた後にたくさんの文章や問題に触れて、経験値をあげていくという作業が必要にはなりますが、それは相当上のレベルの話です。まずは『5:5』を意識して基礎力を充実させるべきなんです。そのためにはボキャブラリーを増やすということがどうしても必要です。

「よーし、それならやってやるぞー!」って思う人は多いのです。単語帳だって熟語帳だってみんな持っているのです。しかし!それでもなかなか覚えられないっていうのが現実だと思います。単語・熟語だけを勉強してもあんまり面白くないからですかねぇ。。。

だからこそ【つながるたんご チャンネル】が生まれたのです。眉間にシワを寄せて苦しそうに単語帳とにらめっこするよりも、リラックスしてコキチの動画で学んでもらった方が印象に残って覚えてしまうはずです。

ただ!お願いがあります!

やっぱりぼーっと見ていても頭に残りにくいので、声を出しながら一緒に英単語を読んでみたり、動画の中で紹介されるポイントを言ってみたり、『参加!』することを意識して欲しいのです。そして定着させるために同じ動画を時間をあけて何度も『繰り返し』て欲しいのです。成果をあげるコツは『参加+反復』です!

単語帳と組み合わせて【つながるたんごチャンネル】を使ってもらえるとかなりの効果が期待できます。つながるたんご だけで単語帳のように3000語扱うってことは出来ませんからね。組み合わせて使ってもらいたいです。つながるたんごは単語帳で学習している人の強力サプリメントになると思いますよ。(つながるたんご は単語帳を否定しているわけではありません)

 

わかる→できるって楽しいですからね。ぜひ楽しく学んでください。

 

2021.01.21 Thursday