英語のライブ授業で大学受験生を支援する「がるたんTV」 | 英語のライブ授業を大学受験・英検の学習に役立てるなら

がるたんTVは、英語専門のオンライン予備校です。大学受験英語のことならお任せください。ハイクオリティなプロ個別指導ONLINEを提供中。共通テスト対策講義もあります。
YouTubeチャンネル『つながるたんごeveryday』更新中。

塾長ブログ

2021 / 09 / 28  14:13

「引退する」は英語で?

「引退する」は英語で?

横綱の白鵬関が引退することになりましたね。

引退するは、"retire" と言いますが、彼の場合は、「土俵を去る」 "leave the ring"でしょうか。

 

白鵬関引退のニュースを報じた新聞記事の中で使われていた面白い表現を一つ紹介します。

"call it a career"です。

"call it a day"「(1日の仕事を)終わりにする」という表現はよく使われますが、"call it a career"はその応用ですね。「キャリアを終わりにする」=「引退する」となるわけです。

2021 / 09 / 26  09:43

Twitterで時事英単語を呟きます

Twitterで時事英単語を呟きます

Twitter(@hoshi_kokichi)で、【単語帳には載ってなさそうな】時事英単語を不定期に呟くことにしました。

Covid-19関連の語句など単語帳に掲載されるには間に合わないような単語(熟語・フレーズ)を、簡単な解説付きで紹介します。大学受験や英検受験を控えている高校生だけではなく、英語に興味がある幅広い人にお楽しみいただけると思います。ぜひフォローお願いします。

2021 / 09 / 24  12:26

なぜindustry「産業」からindustrious「勤勉な」になるの?

【英単語・大学受験英検TOEIC】つながるたんご語源STRまとめ.png

以前、タイトルのような質問を受けました。その生徒曰く、「『産業』と『勤勉な』は無関係だから覚えにくい」ということでした。確かにそう思ってしまいますよね。

 

でも、ちょっとだけ歴史を考えると覚えやすいんですよ。歴史って言っても大袈裟なものではなく、産業革命の前と後での世界の変化のことだけです。

元々、industryは「勤勉」という意味でした。indu「中へ」とstry「建てる」から成り立っていて、職人たちが「自分の中にスキルを建設していく様子」=「勤勉」となるからです。産業革命の前は、工場労働者はおらず、個人でスキルを磨く職人たちが多くいたことを考えてみてください。産業革命が起きると事態は一変します。工場で大勢の人が「勤勉」に働くことになり、そして大勢の人の「勤勉」が「産業」「工業」を生み出していったのです。このように「勤勉」と「産業」はつながっていたのです!

industriousに「勤勉な」という意味があるのは、この名残だったんですね。

 

YouTubeつながるたんごeverydayでは、industriouも含めた、STRの語源動画を公開しています。ぜひそちらもご覧ください。できればチャンネル登録もお願いします。

2021 / 09 / 23  01:27

多義語はどこまで覚えるのか?

この1ヶ月だけでも十数回質問された気がしますね。「多義語は覚えたほうがいいと思うんだけど、どれくらい覚えるものなのかわからない」っていう悩みのようです。

 

結論からいきましょう。

英単語の意味は

まずは1つだけ覚える!

です。

一番よく使われるもの(単語帳ならば赤字になっているところなど)を覚えることに集中すべきです。最初に色々と覚えようとするのはNGですよ。

 

友達を知る過程を考えてみてください。いきなりその人に関する様々な情報(誕生日・血液型・家族構成・趣味などなど)を最初からいくつも覚えられるでしょうか?まずは顔と名前くらいで、その後段々と知識が増えていくのではないでしょうか。一旦知り合いになれば、その人に関する知識を広げていくことはそれほど難しいわけではないのです。

 

英単語を覚えるときでも、最初から欲張らずに、まずは一つの意味だけを覚えることを優先すべきです。その後、他の意味を増やしていくという戦略が良いと思います。ぜひお試しください。

 

2021 / 09 / 04  13:15

頻出略語を解説

BLMってネットで見たけどなんのことですか?

こういう質問を生徒さんに受けました。

 

これは、Black lives matter. を略したものです。

直訳すると「黒人の命が大切だ」。ここでのmatterは動詞で「重要である」の意味になります。

昨年大きな話題になった言葉です。少し解説してみます。

 

2020年5月25日、米国ミネソタ州(Minnesota)ミネアポリス(Minneapolis)で、ジョージ・フロイドさん(Goerge Floyd)が偽札を使った疑いで4人の警官に取り押さえられていました。警官の一人がFloydさんの首根っこを膝で9分間にわたって押さえつけます。そしてFloydさんの「息ができない(I can't breathe)」という訴えを無視した結果、Floydさんは死亡してしまいます。(後に殺人と認定されました。)Floydさんはアフリカ系アメリカ人(African American)で、彼を押さえつけていた警官が白人であったことから、警官による人種差別主義(racism)だと批判が高まり、大規模な抗議運動(Black lives matter movement)へと発展しました。そのときtwitterなどでは#BLMが広がったようです。

 

BLMのような略語が英文の中でいきなり出てくると反応できないかもしれませんね。せっかくですので他にもいくつか紹介してみますね。

 

まずは・・・

UN(United Nations) 国連

EU(Europaan Union) 欧州連合

UK(United Kingdom) イギリス  

などの組織や国を表す言葉は非常によく出てきますよね。

 

テクノロジー関連では

AI(artificial intelligence) 人工知能

IOT(internet of things) 物がネットワーク接続されること

IT(information technology) 情報技術

などがあります。巨大IT企業の総称も有名ですね。

GAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon)

その中でも

FB(Facebook)

は単独でも略語で使われやすいですね。

 

SNSなどでよく見られる略語には

THX(thanks) ありがとう

OMG(oh my god) まじかよ!

RIP(rest in peace) 安らかに眠れ

などがあります。RIPなんて難しいですよね。(^^;;

 

日本国内のことでも

LDP(Liberal Democratic Party) 自由民主党

なんかはよく使われている略語なんですが、知らない受験生が多いですね。

 

放送局の名前も知っておくと良いと思います。

BBC(英)

CNN(米)

ABC(米)

CBS(米)

日本でもNHKのようにアルファベット3文字ですよね。

 

とりとめもなく長くなりました。今回はここまでにしておきます。

また別の機会にいくつか紹介してみますね。

 

1
2021.10.17 Sunday