英語のライブ授業で大学受験生を支援する「がるたんTV」 | 英語のライブ授業を大学受験・英検の学習に役立てるなら

祝!難関大突破を実現するオンライン予備校開校!ハイレベルなオンライン個別指導も提供!YouTubeチャンネル『つながるたんごeveryday』毎日更新中!

塾長ブログ

2021 / 04 / 13  09:38

うまくいく予習

新学期が始まって燃えている高校生・予備校生が多いでしょう。今日は、スタートダッシュを決めるために必要な予習方法、特に英語の長文を扱う授業の予習に絞って書いてみます。

最も犯しがちなミスは、序盤だけ完璧を目指し時間をかけすぎた結果、範囲の最後まで終わらない、ということです。これではいきなりつまずいて、授業についていけなくなってしまいそうですね。大事なことは、「範囲の最後まで目を通し、自分はどの部分をわかっていないのかを明確にすること」です。予習は授業をスムーズに受け入れる準備をするためのもので、完璧に理解するためのものではありません。完璧に理解できるのであれば授業を受ける必要はないということになります。「できないところがあってもいいんだ」と思うことが大切ですよね。できないところを把握して、授業で疑問を解消させていく。これを繰り返すだけなんだと、気持ちを楽に持ってください。

「予習をしてもわからないところだらけだからやる気がしない」という苦手意識を持った人もいるかもしれません。そういう人は、わからないところではなく「わかるところを探す」ことから始めましょう。「ここだけはわかる」っていうところを少しでもいいから探しておきましょう。それだって立派な予習ですよ。

2021.05.06 Thursday