英語のライブ授業で大学受験生を支援する「がるたんTV」 | 英語のライブ授業を大学受験・英検の学習に役立てるなら

がるたんTVは、英語専門のオンライン予備校です。大学受験英語のことならお任せください。YouTubeチャンネル『つながるたんごeveryday』更新中。ハイクオリティなプロ個別指導ONLINEを提供中。共通テスト対策講義もあります。

塾長ブログ

2021 / 06 / 10  08:46

和訳問題で内容は大体わかっているのにうまくまとめられません。どうすれば?

和訳問題で内容は大体わかっているのにうまくまとめられません

個別指導ONLINEを受講したある生徒さんから、「和訳問題で内容は大体わかっているのにうまくまとめられません。どうすれば模範解答のようなきちんとした和訳が書けるようになりますか?」という質問をもらいました。

 

下線部和訳って大学入試では配点が大きいので、受験生としてはガッツリ稼ぎたいものですよね。そのためにはINPUTとOUTPUTの二つの面から考えてみるべきです。

 

まずはINPUT。英文に書かれていることを「正確に」頭に入れること(=INPUT)が必要です。

下線部和訳の問題では、複雑な文構造に線が引かれます。I love music.とかに線を引いても全員正解してしまいますから、「差がつくところ」=「構造が取りにくいところ」に線を引くのは当然ですよね。故に文構造に細心の注意を払ってINPUTする必要があります。そのためには関係詞・接続詞の理解など、様々な項目の学習が必要になります。しかし、このことはほとんどの皆さんがご存知のことだと思いますし、すでに対策をとっていることでしょう。

 

注目してもらいたいのはOUTPUT(答案でうまくまとめること)です。ここに受験生にとっての盲点があります。

 

「なんとなくわかっているのにうまくまとめられない」という上記の生徒さんの悩みもやはりここでした。問題は、ズバリ国語力です。自分の頭の中に入っていることを「正確に」OUTPUTしなければならないのに、

・そのための語彙力がない

・日本語になると文構造を考えずに書き始めてしまう

といったことが足を引っ張ってしまうのです。「えー?日本語なら喋れるよ?」と思う人もいるかもしれませんが、会話ができるのときちんとした文章を書くのはずいぶん違いますよね。Twitterで「マジうけるしwww」って書けたとしても、入試の答案ではこれはまずい(笑)。「感銘を受けた」などと書かなければならないはずです。

「きちんとした文を書く」ためには、良質な日本語の文章の読み書きが必要になります!しかし、この練習を意図的にしている受験生は非常に少ないのです。皆さんの周りにも、英語長文の音読をする人は大勢いても、日本語の名文を声に出して読んでいる人は稀なのではないでしょうか。「幼い頃から本が好きでたくさん読んでいる人は頭がいい」と漠然と語られますが、なぜそうなのかを考えてみると、良質な文章に触れる経験が圧倒的に多くなることで、その人の国語力を鍛えているからだと言えると思います。

 

それでは、今更幼い頃に戻れない、本番まで時間のない受験生はどうすれば良いのでしょう?

 

良質な文章は高校の国語の教科書にあります。教科書に載っているものは少々古いでしょうが、数十年の時代の評価の波に耐えて残っている文章には、やはり残る理由があります。ぜひ声に出して読んでみてください。そして気になる単語を国語辞典で引くという地味な作業を繰り返してください。英語でも文構造や単語の学習をしますよね?その数十分の1で良いので国語でも構造や単語の学習をすべきなのです。日本語ネイティブであれば、英語にかける労力の数十分の1でも大きな効果が望めますよ。だって触れてきた量が違いすぎますから!!また、国語の教科書だけではなく模擬試験などの模範解答の文構造・語彙に注目して分析し、音読・書写してみることも効果的です。(こちらの方が短くて手っ取り早く始められますよね)

 

しかしこのような話を聞いても、すぐに実行する人はそれほど多くないでしょう。英語で点数取りたいのになんで国語を勉強するんだと、その重要なつながりを想像できないからです。だからこそ盲点になるのです。

 

質問した生徒は「国語があらゆる学問の基礎だって聞いたことがあるんですけど、やっぱり大事なんですね〜」と納得してくれたようでした。よかったよかった。(^^)

 ========================================================== 

今日『つながるたんごeveryday』YouTubeチャンネルでは、身体パーツの英単語総集編が公開されます。「胴体」「ふくらはぎ」など、英語に自信がある受験生でも盲点になるかもしれないものもありますよ。とはいえ、重苦しい勉強感はなく、楽しく見られて身につけられる動画になっていると思います。

2021.09.18 Saturday