英語のライブ授業で大学受験生を支援する「がるたんTV」 | 英語のライブ授業を大学受験・英検の学習に役立てるなら

がるたんTVは、英語専門のオンライン予備校です!大学受験英語のことならお任せください。YouTubeチャンネル『つながるたんごeveryday』毎日更新中!ハイクオリティなプロ個別指導ONLINE も提供!共通テスト対策講義も!

塾長ブログ

2021 / 06 / 14  08:54

いつも複数形になる名詞7選

いつも複数形の名詞

今日のつながるたんごeveryday DAY46で扱った単語にsuspenders「サスペンダー」があります。

「これって絶対複数形にするんですか?」って聞かれたことがあります。

 

絶対ではないでしょうが、ほとんどの場合複数形だと思います。2本で吊るすからでしょうね。

 

他にもほぼ複数形の形でしか使用しない名詞がいくつかあります。有名どころを7つ挙げてみます!

ジーンズ jeans

ズボン  trousers

メガネ glasses

服 clothes

パジャマ pyjamas

ヘッドフォン headphones

ハサミ scissors

などです。ヘッドフォンなんて、確かに音が出る箇所が2箇所ありますから言われれば納得ですが、あまりにカタカナに馴染みがあるのでheadphonesは盲点になりますよね。

 

そして、こういった名詞を指すときにはthey, themを使うのですが、日本語の感覚だと単数(it)としてしまいがちです。大学受験の英語長文の中で出てくるときに読み間違える可能性が結構ありますから、注意しておきたいですよね。(受験生の皆さんがオンラインでも対面形式でも、ライブ授業や録画の映像授業を受けているときは、講師の方が授業内で取り上げなくても、指示語に注目する癖をつけると良いと思います。)

2021 / 06 / 13  15:10

丸暗記ってダメなんですよね?

丸暗記ってダメなんですよね?

こんなことを生徒さんに聞かれたことがあります。

 

どこかで「丸暗記は絶対だめ!」と聞いたらしいのですが、僕の答えは、『全部ダメってわけではないよ』でした。

 

もちろん丸暗記「ばかり」は良くないですよね。語源などを意識して学習する方が効果的に覚えられるものが多いですから。つながるたんごeverydayは、そのことを強く意識して作られていますしね。単語だけではなく熟語でも成り立ちの理屈を考えると効果的に記憶できる点は同じです。だけど、理屈なんか置いといて文章を何度も読んでいるうちに丸暗記できちゃったというものも多いのではないですか?

 

要するに、

「丸暗記だけ」も変だし「理屈だけ」っていう勉強もおかしいですよ

ということです。どちらもやればいいだけです。問題はその2択ではないということです。

 

おそらく丸暗記を否定する場合、覚える時間・労力を減らしたいと考えていると思います。その考え自体は大賛成ですが、「理屈がわかれば繰り返さなくて良い、一瞬で覚えて2度と忘れないから楽だ」というのは幻想だと思います。数学や物理の公式は理にかなっているものばかりでしょうが、一回見ただけで忘れないとは言えないはずです。数式の定着に問題演習などが必要であるように、単語熟語などの記憶において最も重要なのは『繰り返し』だと思います。

 

しかし『繰り返し』は地味で退屈ですよね。だからこそ、その地味で退屈なことに取り組める人は非常に少なく、結果に大きな差がつくのでしょう。考えるべきは、丸暗記の良し悪しよりも、いかにしてこの地味で退屈なことをやり続ける工夫をするか、ですね。(つながるたんごeverydayも1本3分程度にしているのは繰り返しやすくするためです。)

 

がるたんTVの個別指導ONLINEでも、もちろん理屈をたくさん教えますが、上記の生徒さんには「丸暗記を毛嫌いする必要はないと思うよ。一発で覚えられる単語なんかは、理屈をこねくり回す必要はない。覚えにくいなと思った時だけ語源なんかを考えれば良いよ。これをやっちゃダメとかって考えると窮屈になって苦しいからさ」と伝えました。気が楽になったような顔をしてくれていました。そして「丸暗記か?理屈で覚えるか?とかを考えるよりも、毎日継続するためにどうするか?を考えてね」と言うと、ちょっと引き締まったような顔になりました。分かってくれたようで安心しました。こういう勉強方法に関する質問ができるのもライブ授業の良いところですね。

  

『英語の文章を丸ごと暗記することは超オススメ』という話もあるのですが、それはまた別の機会に書こうと思います。

 

2021 / 06 / 12  07:25

文化論とか認識の話とかの長文が苦手なんですけど対処法とかありますか?

文化論とか認識の話とかの長文が苦手なんですけど対処法とかありますか?

タイトルのような質問を生徒さんにもらったことがあります。

 

「抽象的すぎて頭に入ってこないという悩みだよね?」って尋ねると、「そうなんですよぉ」と嘆いていました。

 

解決策は、『身近な具体例を考える』です!

 

例えば「世界中の大半の人々にとっては、書き言葉(written language)は、自分で(on their own)発明したものではなく、近隣諸国(neighbors)から借りてきたものだ」なんていう文があったときに、自分にとって身近な国、つまり日本を考えれば良いのです。

 

「そういえば日本語は、中国から漢字を借りてきて仮名を作ったもんなー」と小学生のころに習った知識で、先程の文を理解できますよね。困ったときにはこれを繰り返していくのです。

 

大学受験の入試問題でも頻出だと思いますが、実感を持って扱えない抽象的な言葉や事象が出てきたときに、自分がよく知っていることに置き換えるのです。人間関係の話ならば、自分の家族・学校の話だとどういうことなのかな?と考えたり、国家が過去からの影響を受けるという話であれば、今の日本に残る江戸時代の影響はどうかな?と考えてみることです。

 

個別指導ONLINEの授業でこんな話をしていると、「あ、先生、じゃあこの文章だったら、〇〇ってことですか?」と生徒さん自身も具体例を言えるようになったりします。そうなればもう大丈夫ですよね。

 

がるたんTVのプロ個別指導ONLINEをよろしく〜!オンラインライブ授業は楽しいですよ。

 

2021 / 06 / 11  15:54

promotionはなんで「促進」「昇進」の意味になるの?

promotionはなんで「促進」「昇進」の意味になるの?

proは「前へ」、motは「動かす」という意味があり、ion名詞の語尾ですから、promotionは「前へ動かすこと」という意味です。

 

生徒さんの疑問は、

なぜ「前へ動かすこと」が「促進」や「昇進」と結びつくのか

というものでした。

 

これは「前」とはどこなのかを考えることによって解決できるはずですよ。

 

「促進」は、販売促進を例に考えてみましょう。

「少数の人にしか知られていない」のが現状で、「大勢の人に知られる」のが進むべき『前』だと考えれば良いのです。大勢の人に知られる方向=前方へ動かすことが、販売促進となります。

 

「昇進」は、「部長や社長になる」のが『前』だと考えてみてください。部長になる方向=前方へ動かすことは昇進させることになりますよね。

 

これで「前へ動かすこと」が「促進」や「昇進」とうまくつながると思います。

 

この話はつながるたんごeveryday DAY35で扱っていますので、ぜひそちらもご覧くださいね。

2021 / 06 / 10  10:26

個別指導ONLINEの早朝対応について

【がるたんTV個別指導ONLINE】は、実は早朝レッスンにも対応しています。朝6時から授業を行うこともあるんですよ。頭が最もよく働くと言われるゴールデンタイムの朝時間を有効活用しましょう!映像を眺めて終わり、の動画ではなくライブ授業ですからね。シャキッと目覚めますよ!朝の集中した1時間は、夜の眠たい頭でだらだら学習する数時間分に匹敵するのではないでしょうか。

参考記事:ビッグデータで判明! 「科学的に正しい勉強法」の法則5

1 2 3 4 5 6
2021.07.31 Saturday